平成221113

()コニシ

ご注意

 

悪質なデマに振り回されないようお願いします。

 

以下、匿名掲示板にて


>
で、錨鎖導板の件の資料として提示された写真の掲載サイト
>
に突撃と執拗なメール攻撃で迷惑掛けたのがコニタソ、と。

>
コニタソ的には「自分が訴えた」に変換してるようだが。

 

そのような事実はありません。匿名掲示板では悪意ある誹謗中傷が繰り返し行われており、事実でない事の方が多く弊社にとって迷惑でしかありません。業務妨害であり、小規模事業者にとっては大きな負担になっています。

 

NHKのスペシャルドラマが来月より始まり戦艦三笠に関する関心が高まるものと思いますが、上記の「デマ」を簡単に信じてしまう事が簡単に起こり弊社にとっては損失でしかありません。

 

何れ法的に簡単に処理できる事になるかと思いますが、とにかく「デマ」を信じないよう切にお願いします。先日、尖閣諸島での衝突ビデオがネットに流失した際に、職員殉職の情報が出回り一時騒然となりました。9日夜に明らかなデマである事が石垣島に出向いたジャーナリストの情報により鎮静化しましたが、未だに燻っています。

 

一度デマが伝搬し始めすと、国家ならともかく弊社にとっては大きな打撃でしかなく悪意ある書き込みは業務を妨害する意図があるとしか考えられません。間違った情報の伝搬は混乱でしかありません。弊社は既にその被害に遭っており、それも執拗な誹謗中傷の連続です。製品開発の意欲すら失いかけた事も何度もありました。精神的苦痛でしかなく、上記の様な「デマ」については心底怒るしかありません。ネットの法整備の遅れは、今後の安全な利用を推進するにはもはや絶望的ともいえる状況です。

 

また、戦艦三笠に関して多くの調査を行ってきた結果については、資料が見つかれば入手し常にアップデートを掛けてきており、初期の頃には誤った解釈があったとしても判明すれば資料を入手したりなど確認を取った上で修正を繰り返してきております。

 

弊社の正確な日本海海戦の戦艦三笠の状態を再現する努力を「デマ」を撒き散らして踏みつぶそうとする人物が複数いるのは事実であり、何れ法的対応をしたいと繰り返し表明します。

 

以上